特定調停とは?

特定調停とは借金が負担になり返済状況が悪化しそうな場合に行う、自己破産や任意整理といったものと同じ債務整理をする方法の一つです。特定調停における債務整理のための具体的な解決方法は、借金の借主である特定債務者が裁判所に申立てし、

 

 

任意整理で返済に目処をつけたいなぁ・・・


その申立てを受けた裁判所が返済状況が悪化しそうな特定債務者と、その債権者等の利害関係者との話し合いの仲介をして、金利の軽減等の条件の見直しをして返済状況を悪化させない為に成立させる方法です。

 

 

弁護士や司法書士に依頼するお金はあるの?


特定調停の特徴としては借金の経緯自体は関係なく、利害関係者との交渉において解決方法を模索することができることや、比較的手続きが簡単なため、司法書士等の専門家に頼ることなく申立てすることができることです。

特定調停でメリットのある債務者ってどんな人?

特定調停のメリットは、まず自分で全てを行った場合には一件あたりの債務が数百円程度で成立させることが可能です。

 

 

特定調停はどうなの?あなたの返済能力にもよるけれど・・・


これは同時に当事者である債務者に返済の意志がなければできないことであり減額されたと仮定して返済できない経済状況にある債務者は申立てたところで受理されることはありません。

 

 

想定内で減額されば間違いなくしていされた期間で返済はできるよ。


その他に、債権者からの取り立てを裁判所に特定調停を申立てすることによって一時的ではあるものの止めることができる、司法書士等に頼らずに申立てできるため費用が多額にならない等のメリットがあります。

 

反対にデメリットとしては話し合いによる解決方法を模索するので、調停が成立するとは限らない点です。

 

 

でも、弁護士などに依頼する費用を捻出できるなら直接債権者と交渉できる任意整理のほうが成立までに長引かない可能性も十分にあるわよ!


その為に全く返済の目途が立たない場合はそもそも申立てしても受理されない可能性もあります。次に個人信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまう為に、一定期間ローンやクレジットカード等が利用できなくなります。

 

以上のことから、特定調停は借金が滞りがちになりつつも返済の目途があり、利息を減らすことで返済が可能になる等、借金に困ったときの方法としては最初の段階であり、任意整理や最終手段である自己破産に比べるとあくまでも狭義で特例的な方法であると思います。