モビットに借り換える方法は?

複数抱えたローンをまとめてモビットに借り替えて、金利や返済期間を少しでも軽減するには、先ずはモビットの通常のカードローンの申込みで行う必要があります。申込みが可能な方は年齢が満20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方が条件となります。

 

 

モビットへ借り換えるにはどうすればいいのかなぁ?


モビットの審査基準を満たすのであれば、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方もお申し込みが可能です。申し込みはパソコンやスマートフォン、携帯電話から可能です。その際にはメールアドレスが必要となります。

 

 

通常のカードローンの申込みになるので手続きもなんら変わる事はないです。


また、保証人や担保は不要です。印鑑も申し込み時には不要ですが、口座振替依頼手続きには必要です。

 

 

通常のカードローンで年収の1/3以上のおまとめとしての借換えも可能なのか?


申し込み時に必要な書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートのいずれかの本人確認書類の写しと、源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヵ月分の給与明細書のいずれかの収入証明書類の写しです。

 

 

通常のカードローンの申込みでは総量規制の対象となる為、年収の1/3以上の借換えはできません。


申し込み方法は、パソコンやスマートフォン、携帯電話からインターネットで行う他に、郵便や電話、ローン申込機からでも可能です。インターネットからの申込の場合は最短30分で審査結果がメールもしくは電話で通知されます。

 

 

それじゃぁ、どうすればいいんだよ?


カードローンの金利は実質年率で3.0%〜18.0%です。金利の算出方法は、借入残高と実質年率をかけて365日で割り、その数字に返済期日までの利用日数をかけます。手数料は入会金、年会費ともに永年で無料です。

 

 

プロミスなら貸金業法に基づくおまとめローンという商品があるわよ!


但し、銀行振込で返済する際の振込手数料や提携ATM利用時の手数料は有料になります。利用限度額は1万円から500万円の間で設定されており、利用限度額の範囲内で何度でも繰り返し利用できます。

 

 

幾ら迄利用可能なんだぁ?


返済方法はATMからの返済と口座振替での返済のいずれかが可能で、約定返済日は1ヶ月に1回、ご都合に合わせて毎月5日、15日、25日、末日のいずれかで返済可能です。

 

 

300万円迄だけどまとめるには十分な額だし消費者金融でまとめて借り換えるならプロミスのおまとめローンは外せないわよ!


ATM返済の場合は前回の約定返済日翌日から、約定返済日までに返済された場合は、返済期日は翌月の約定返済日に繰りのべられます。口座振替型では毎月指定した日に自動的に引き落としされます。