モビットをおまとめローンとして利用するには

モビットをおまとめローンとして利用するメリットはやはり銀行のおまとめローンがダメな時ということになります。しかし、モビットは消費者金融ですから総量規制対象業者なのでおまとめローンとして年収の1/3以上の金額を借りれるのかどうか心配ですよね?

 

 

でも大丈夫!総量規制には例外があっておまとめローンなら年収の1/3以上借りれるんです!


”顧客に一方的有利となる借り換え”

の場合は総量規制の対象外となり、ノンバンクでも年収の1/3以上貸出しが可能なのでおまとめローンとしての利用が可能なのです。ですからメガバンクの保証会社を務める審査能力の高い大手消費者金融がおまとめローンとしての申込にはおすすめです。モビットも諸銀行のカードローンの保証会社もしているので審査能力は高いと思われます。

おまとめローンの審査に最適な審査能力の高い大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

モビットより低金利なおまとめローンはないの?

おまとめローンにどういう商品があるのか知らない、まだ銀行のおまとめローンを試していないという方は銀行カードローンにおまとめローンを申込んで見ましょう。審査は厳しくなりますので

 

 

自分の年収と借入額をよく吟味して判断しましょう!


ちょっと厳しいかな?ということであれば大手消費者金融に、そうでなければ銀行のおまとめローンにした方が低金利になります。

銀行の低金利おまとめローン
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

モビットでおまとめローンを利用するためのテクニック

モビットは消費者金融の中でもWEB完結をはじめとする様々なサービスに対応していることでも知られています。郵送物や電話連絡が一切ないという「WEB完結」は、その利用に際して一定の条件が設定されているものの、より手軽に利用がスタートできるという理由からモビットの取り扱い商品でも高い人気があります。

 

そんなモビットですが、おまとめローンのおすすめサイトでもモビットの名前が挙がりますが、既存の借入をまとめる「おまとめローン」の利用は可能なのでしょうか?まず、前提条件として

 

 

モビットではおまとめローンという商品は存在しない


というものがあります。おまとめローンという商品に対応していないという理由だけで、モビットを利用して「既存の借入をまとめる」ことそのものは可能です。方法としては、まずモビットで既存の借入先で利用している融資残高として必要な金額を借り入れます。

 

次にその分で既存の借入先への返済を行います。その後はモビットに対しての返済をするというのが基本的な方法です。ここまで書くと、モビットでおまとめローンを利用することはそれほど難しくないと思われるかもしれませんが、実はここに「おまとめローンに対応していないデメリット」があります。

 

それは「融資可能な金額」です。モビットは消費者金融なので

 

 

総量規制の対象となる融資を行っています。


もちろん「借り換え」という目的であれば総量規制の対象外となる可能性はあるのですが、既に多額の借入がある状態でモビットに融資を申し込むという状況であることを考えると、いきなり必要な金額が全額借りられる可能性は低いということになります。

 

そこで、モビットでおまとめローンを利用するのであれば、借入を一度に全部まとめるのではなく、段階的に借入先を減らしていく、という方法がおすすめです。金利の高いところから順番に返済を進めていき、ある程度融資残高が減った状態でモビットに増額してもらってその分で残りの分を返済する、という方法です。

 

モビットはおまとめローンに特化した商品を取り扱っていない関係から多少テクニカルな方法を選ぶ必要があります。他に消費者金融のアコムのおまとめローンに借換え専用ローンとしてありますが返済方法に口座振替が指定されている為、デメリットと感じる人も多いようです。

更新履歴